ご当地体験

金網つじ

とうふすくいづくり体験

京都ではたくさんの伝統工芸が盛んですが、その中で京金網工芸が他の工芸人と違うところ、それは今もなお、普段使いの品というところです。金網つじでは、20年前からとうふすくいの体験が行なわれております。針金を亀甲模様に手で編む体験ができます。


【所要時間】 約60分
【金   額】4,000円(税別)
【時   間】営業時間 午前10時から午後6時 年中無休(※年末年始無休)
         ※夏季の期間(6月22日〜8月31日)、水曜日を定休日とさせていただきます。
【注意事項】
※「とうふくすくい」 完成品はご自宅へ発送となります。
※指先を使うのでネイル等、爪の長い方はご注意ください。


高台寺 一念坂 金網つじ 完全予約制※5日前までの要予約となります
〒605-0826 京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町362 
電話 075-551-5500

■ スタッフレビュー
①職人さんによる指導のもとまず針金の持ち方などを教わり、針金を編む練習を行ないます。

コメント:職人さんが丁寧に分かりやすくお手本をみせてくれます!



②続いて、本番の「とうふすくい」の製作に入ります。台座に針が八つ並んで打ち込まれており、そこに「とうふすくい」の外枠と針金がかかっているのでそれを右から斜め下へ亀甲模様に編んでいきます。



③台座の正面に座り、「とうふすくい」の真下に網目の見本の紙が貼られているのでそれに合せて編んでいきます。


コメント:編みが進むとだんだん下の見本から網目がずれていくので網目が均等にならず難しい・・・。力の入れ方で網目が均等にならないので集中しながらもリラックスして編むと綺麗に編めました。



⑤試行錯誤しながら全ての針金を編み終え、編み終えた「とうふすくい」の仕上げは職人さんの手で針金の端を外枠に綺麗にくくり付けて完成です。

コメント:約40分程で完成しました!職人さんとお話しながら楽しい雰囲気で体験ができとても楽しく体験させていただきました。京都の伝統工芸を自身の手で作れるのでとても貴重な体験ができました。