ホテルブログふじやま通信

「初雪化粧宣言」が発表されました!

2018年10月16日(火)

ここ数日、関東地方はずいぶんと冷え込んでまいりましたが、皆様体調など崩されていませんか?
気象庁甲府気象台は先日、9月26日に一足早く初冠雪を発表しました。
しかしながら、山中湖村や富士吉田市からは9月26日には、富士山頂の雪を確認することが出来ませんでした。
富士吉田市では、2006年から気象庁の「初冠雪」発表とは別に、独自の試みで「初雪化粧宣言」を発表しており、気象庁の「初冠雪」発表に遅れること19日後の昨日10月15日に最も遅かった昨年より11日早く「初雪化粧宣言」を発表しました!
下の写真は今朝の山中湖の絶景地“パノラマ台”からの雪化粧の富士山の写真です。

下の写真は富士山五合目須走口からの10月15日の雪化粧です。
富士山五合目の朝はここ数日、氷点下となっています。
富士山五合目の紅葉は、実は黄葉という表現があっていて、日本の針葉樹で唯一黄葉する「カラマツ」の黄葉に陽の光があたると黄金色の黄葉とも呼ばれます。

下の写真は富士山五合目須走口の反対側の富士吉田口の五合目の絶景地「奥庭」のカラマツの黄葉です。
今週いっぱいが見ごろのピークとなりそうです。

この時期になってくると下界で一雨降るごとに、富士山の雪化粧は進んでいき、呼応するように紅葉前線は
富士山五合目から下界に降りていき、雪化粧と紅葉の追いかけっこがはじまります。
山中湖でも10/26から11/11まで山中湖「夕焼けの渚・紅葉まつり」が開催されるため、地元スタッフによる準備がはじまりました。
下の写真は紅葉まつりのライトアップに向けて150本の杭を1本ずつ打ち込んでいるところです。

1本場所を地図で確認しながら印を付けていきます。30cmずれると、配線が届かなくなりますので慎重に作業を進めていきます。
 

この大変な作業の末に10/26からは下の写真のような風景が見られます!
このお祭り会場の「山中湖夕焼けの渚」は「日本の渚100選」にも選ばれている景勝地!
お祭りの期間中はエクシブ山中湖から無料の送迎バスも運行いたします(詳細はこちら)ので是非、絶景の富士山に会いに山中湖にいらしてください!